ピザ窯は、あなたのピザビジネスにとって不可欠な宝です。 そして永遠に使用できるパートナーです。


ピザ窯は一生ものの価値があります。それゆえに、どのピザ窯を選ぶかは貴社の将来にとって極めて重要な意味を持ちます。経費節減できるものは様々ありますが、このピザ窯の心臓部には測り知れない価値があります。

回転式の炉床でありながらその高さを変えることで効率的な調理が可能になるだけでなく、火が思い通りにならない場合も、高さを調節することで同じ調理時間のまま美味しい料理を作ることが出来ます。

 



  • 短時間で多くのピザが焼ける
  • 同じクオリティのピザを焼き続けられる
  • 操作が簡単で誰でも調理をすることが可能
  • 自動温度調整システムで燃料の削減
  • 少人数で作業ができるため人件費の削減
  • 小さな凹凸が付いた特別仕様の丈夫な炉床。
  • 炉床を下火から温められる、ターボウッド、ターボバーナー搭載。

私たちの強み


炉床面に特殊微細孔構造を採用することで、ピザから出る余分な水分を放出しつつ、余分な粉を落とします。

炉床面にそのような高密度な材質を使用することによって、より効率的に蓄熱できるため、炉床面もきれいなまま薫り高いピザが焼きあがります

 

物理学的に、熱は上方向に層が生成されます。

従って、炉内も上部になればなるほど温度も高くなります。

マラナフォルニが特許取得したSU&GIU®のピザ窯では、手動

または自動で(Evolution® コンソールを使って)

炉床面の高さを調節することができます。

 

世界初!!

炉床が上下動する特許取得済みのリフトシステム!!

今までにない革命的な機能により、時間とコストを大幅に削減!!

炉床が上下動することにより...

①短時間で炉床の温度を上げることが可能

②焼き加減を簡単に調整できる

③いろいろなタイプのピザを同じ調理時間で焼くことができる 


空気の流れを詳しく研究し、特殊なハッチクロージャ―を設計しました。通煙と燃焼を最適な状態にし、少ない煤で炉床面を熱く、均一炉内を熱するので、適切な温度に素早く達します。燃料の消費が抑えられ、大幅な時間と経費の削減にもなります。又、燃料を燃やすのに必要な外部からの空気が決して炉床の上を通過することはないため、ピザを冷やすことなく温度が一定のまま、効率よく燃焼できます。

ピザオーブンの心臓部を作るために高品質の耐火材料を使用することは、Marana Forni®の第一優先事項でした。 機械的強度および耐摩耗性ならびに高い蓄熱と維持能力、そして照射などの特徴を保証する耐火材料が必要とされました。


 

マラナフォルニのピザ窯は、あなたのニーズに適応することができます。 購入後も燃料を変更することができます。薪用をガス用に、又その逆も可能です。


ピザ収納枚数


何枚ピザが入るでしょう?(サイズはcmです。)

 

 

モデル 85

 

 

モデル 95

 

 

モデル 110

 

 

モデル 130

 

 

モデル 150


Marana Forni®のピザ窯に関するすべてのお問い合わせは、メールまたは電話で。

お客様のご要望に合ったピザ窯を、アドバイスさせていただきます。